実体験に基づいた情報を発信。もはや知らない事がリスク。海外FXのXMを存分に利用してリスクを低くしながら稼ぎましょう。あなたのFXは本当に大丈夫?

Fx-Go !! 海外FXのXM(XEMarkets)がスゴい

xm_withdraw_2

入出金について 海外FX知識

兼業FXトレーダーにもオススメするXMの入金・出金方法まとめ 2

更新日:

海外業者でFXを行うにあたって入出金を速く、安く、確実に行う事は利益に直結する大事な要素です。この部分に無駄なコストを掛けない様にしっかりと環境を整えましょう。

入出金方法おさらい

前述の「クレジットカードを使った入出金」もセット記事としてご確認ください。

XM入出金まとめ
XM口座開設後の口座の有効化と入出金方法まとめ

最新2019年対応!口座開設後の口座有効化について 前述の口座開設が無事完了してXMからメールが来たら次は各種証明書類の提出を行い口座の有効化を行いましょう。有効化完了で入金なしの3000円ボーナスが ...

続きを見る

XMで利用可能な入金・出金方法は沢山ありますが様々な比較の上、私が結論として利用している入金・出金方法にスポットして紹介します。その他方法の情報は割愛します。今回の記事でオススメの入出金方法の手順や流れは網羅できますので頑張って準備してしまいましょう。手数料が高い、着金が遅い等ムダな方法を取るとせっかくの利益が損なわれてしまいますからね。ただしどんどん新しい物が出てきたり、状況が変化していくのがインターネットの世界。海外業者でFXを行うにも最適解はどんどん変化します。というのも・・

2016/10/23 追記

先日XMよりメールがあり、NETELLERによる入出金方法の提供を終了するとのアナウンスがありました。これまでにNETELLERからの入金分を出金したい場合は銀行口座への海外送金での対応となるようです。メールには記載されていませんでしたが会員ページから出金方法を確認した所、Skrillの対応も終了しているようです。当ページの入出金関連記事はひとまず取り消し線対応しますが、公式の入出金ルールを必ずご確認ください。

昔私がこの記事に書いた追記注釈ですがこの様に使えていたものが廃止になったり、新たに利用できるさーびすがあったり我々を取り巻く環境はどんどんかわっていますので常に最新の情報を仕入れて最適な環境を整えておきたいですね。

bitewallet_xm30
海外FXやるなら必須、bitwallet口座開設方法まとめ

XMも採用!海外FX最強の入出金方法「bitwallet」 主要な海外FX業者もこぞって採用し、我々日本人が海外FXを利用する上でもはや必須となっているBitwalletの具体的な口座開設方法をbit ...

続きを見る

XMは現在、最強環境bitwalletに対応になっていますので本記事内ではクレカ中心の入出金について少しおさらいしておきましょう。

よく使うXMへの入金・出金フロー例

XMへの入金

  1. クレジットカードでXMへ入金
  2. NETELLERからXMへ入金

XMから利益分を出金(入金した額はクレジットカードへ出金)

  1. XMから国内の銀行口座へ出金
  2. NETELLERへ出金

入金は基本的に早くて手数料も掛からないクレジットカードから入金します。利益分から出金する場合は国内銀行(私の場合は三井住友銀行)へ出金します。

2017/01/10 追記

ネッテラーの利用不可に対応する為に一番お得な出金方法を考察します。海外FXを利用して国内の銀行で受け取る場合、どの業者を利用しても以下のいずれかの手数料がかかるかもしれません。かもしれませんとしたのは送金ルートや業者、利用する銀行、何立ての通貨か、によって以下のどれが掛かるか否かが左右されるからです。

  1. 海外FX業者が取る出金手数料・・・XMの場合は無料
  2. 海外送金中継銀行(コルレス銀行)の手数料:リフティングチャージなどと呼ばれる手数料。2500円程度取られることが多い。
  3. 被仕向送金手数料:国内の受け取り銀行の手数料、2500円~5000円が多い。
  4. 為替手数料:円建てFX口座~日本円出金は0円、ドル建てFX口座~日本円出金は1ドルあたり0.5円~1.0円

海外FXを利用し国内銀行へ出金する時、現状「被仕向送金手数料」を節約するしか工夫する余地がありません。いくつかある国内の被仕向送金手数料が無料の銀行で有力な所は

  • 新生銀行
  • ソニー銀行

になると思います。当ページでの結論として現状は「新生銀行」を利用して受け取るのが一番無難であると結論付けました。XMから新生銀行へ出金するまでを簡単にまとめます

XM
業者側利用銀行手数料 XMが負担
中継銀行(コルレス銀行)の手数料 受け取り側が負担
新生銀行の手数料 無料

海外FXのデメリットである出金時のコストが国内業者にくらべて高くなりがちなので「手数料無料」としている海外FX業者は多いです。しかし上記のように業者側が努力できる(無料にできる)部分とそうでない部分がある事を理解する必要があります。つまり「出金額=着金額(送金額)」にならない事があるという点にご留意ください。

上記に加えてXMへの入金時にクレジットカード利用した場合の出金ルール、海外送金特有の着金タイミングディレイなどが加わる事でやや難解になりユーザーとの認識のズレが生じやすくなります。ネットなどで出金トラブル、クレームの話が散見されますが多くはこの部分の理解不足な気がします。もちろん海外FX業者には悪徳な業者も多くあるのでくれぐれもご注意ください。

先日新生銀行に出金した際はXMへの出金申請から受理完了のメールが来るまでに1日、実際に新生銀行に着金するまでに5営業日ほど掛かりました、また中継銀行に約3000円ほど手数料を取られてた額で着金しました。ご参考までに。

NETELLER(ネッテラー)とは

neteller

ロンドン株式市場 (AIM) に株式を公開している超優良企業です。英国金融サービス機構(FAS)にも認可され、その統制下で運営されています。取引は年間数十億ドル、世界200か国以上で広く利用されており世界中の運営体制やサービス、全ての面において高い評価を得ています。オンラインカジノをプレイされている方や海外のブックメーカーなんかを利用されている人にはおなじみのサービスでしたが前述の通りXMなどで使えなくなったので私にとってはまったく利用価値がなくなりました。bitwalletに移行しましょう。

NETELLER(ネッテラー)を使ったXMからの出金

以下は「昔こんなサービスがこんな風に使えていたんだなぁ」ということを残すために打消し線でログとして残しておきます。

まずはXMのマイページにログインします。資金の出金ボタンをクリックして出金方法一覧の選択画面へ移動します。

xm_withdraw3

一覧画面から「NETELLER」の出金ボタンをクリックしてください。

xm_withdraw_neteller2

NETELLERのID(12桁の数字)と出金希望額を入力し、下段のチェックボックスへチェックを入れてからリクエストボタンをクリックしてください。

xm_withdraw_neteller3

上記画面に切り替わりNETELLERへの出金手続きが完了となります。

NETELLERのNet+カードについて

前述したNet+カードについて少し細かく解説します。NETELLERはNet+ Prepaid MasterCard(プラスチックカード)という日本のゆうちATMやセブンATMで利用できるカードを発行してくれます。もちろんMasterがついていますので取扱店やオンラインショッピング等では普通にクレジットカードとしても利用でき大変便利です。以前は無料だったのですが現在発行手数料が必要になりNETELLERに1300円を入金しておく必要があります。また本人確認としてNETELLERの口座が認証済になっていることが必要です。

neteller_netplus

なかなかカッコイイデザインです。右下にMasterのロゴが入ります。NETELLERの口座開設方法・手順やNet+カードの発行手順などは別途まとめますのでそちらをご覧ください。

国内ATMでNet+カードを使う手順まとめ

セブン銀行ATMの場合
  1. カードを挿入「English(英語)」を選択
  2. 「Withdraw(引き出し)」を選択
  3. 「Credit(現金)」を選択
  4. 「PIN(4桁の暗証番号)」を入力
  5. 「金額を入力」1万円単位で引出し可能ですが細かくおろすと手数料がもったいないので上限までまとめてがオススメ
ゆうちょATM(郵便局)の場合
  1. 「郵便貯金お引きだし」、もしくは「払戻」を選択
  2. カードを挿入
  3. 「暗証番号(PIN、4桁の暗証番号)」を入力
  4. 「引き出し金額」を入力、1千円単位で引出しが可能ですが細かくおろすともったいないので上限までまとめてがオススメ
  5. 金額を確認し、「確認ボタン」を押すと、引き出しが完了です
引き落とし上限について
  • 現金引き出し限度額 : 1日US$1000まで
  • 現金引き出し回数上限 : 1日2回 (2回合計US$1000が上限)
  • 4日間以内の引き出し限度額 : US$3000
  • 4日間以内の引き出し回数上限 : 6回 (6回合計US$3000が上限)

XMから国内銀行へ出金する場合

再三お伝えしたとおりクレジットカード出金では原則、入金した証拠金のみ出金され、またそれが間慮うしていないと利益分は出金できません。仮に利益分5万円を国内銀行(仮に三井住友銀行とする)に出金するとして流れを整理します。

国内銀行への出金手順

XMのマイページからいつもどおり出金をクリックして出金方法一覧画面へ移動してください。下段「Bank Wire Transfer」をクリックしてください。

xm_withdraw4

各情報を入力する入力フォームへ移動します。全て半角英数、英語表記で記載してください。つまづきやすい項目について解説します。

  • 住所: 住所のローマ字変換はこちらのサイトで変換してコピペ
  • SWIFTコード: こちらのサイトに日本の金融機関のSWIFTコード一覧がありますので探して入力してください
  • 銀行所在地: ご利用の金融機関の住所を上記サイトで変換して記載してください
  • 支店名: 英語で記入してください。例)「新宿支店」 ・・・ Shinjyuku Branch
  • 中継銀行(コルレスバンク):ご利用の金融機関とXM側の銀行との海外送金を処理する際に中継銀行を必要とするかどうかを受取り側金融機関にお問い合わせ下さい

必要項目に記入が完了したらリクエスト送信して出金手続きは完了になります。

着金(受け取り)側銀行の手数料について

US$200以上の銀行送金になりますので、XM側の送金手数料は発生しませんが着金先(この場合仮に三井住友銀行とする)の手数料は発生します。三井住友銀行の海外送金の説明文によると、

  • 円貨建てで送金され、円預金で受け取る場合
  • 以下の2つの手数料が必要となります。
    1. 被仕向送金手数料 1,500円
    2. 為替取扱手数料 送金金額の1/20%(0.05%)(最低2,500円)

となっています。今回の仮定である5万円の場合三井住友銀行側で4,000円の手数料が引かれます。つまり三井住友銀行に¥46,000が入ることになります。手数料がはやり割高に感じますし着金にも時間が掛かります。ただフローとしては最もシンプルに国内に金をもってこられるので私は大きな額を国内口座に移したい場合に使用します。この部分のコストが低い新生銀行を現在私は利用しています。

XMの入金・出金に関する問い合わせやサポートについて

万が一、出金に関するトラブルや疑問点などあれば、直接XM.COMへお問い合わせください。
XM.COMの日本語サポートが受けられる問い合わせ先をまとめておきます。

まとめ

  • NETELLER口座を作れば入出金中継口座として大活躍、そしてお得
  • NETELLER口座が無い場合はXMへはクレジットカードで直入金、出金は国内銀行へ送金がシンプル
  • XMはどの入出金方法つかってものレスポンスが早い
  • 時間かかるのはXMを離れてからの部分
  • 現在はbitwalletを使うのが一番オススメです。

当サイトのXMリンクから口座開設されませんと受けられるボーナスやサービスが紹介した内容と変わる可能性があります点をご注意ください。また最新のボーナス、入出金に関するルールなどはXM公式ページで必ずご確認ください。

↓↓↓ 口座開設はコチラから ↓↓↓

-入出金について, 海外FX知識
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Fx-Go !! 海外FXのXM(XEMarkets)がスゴい , 2020 All Rights Reserved.